彩の国羽生の地ビール こぶし花ビール公式ホームページへようこそ!

こぶし花ビールの工房は農林公園キヤッセ羽生の中にあります。農林公園へはこちらから

彩の国・羽生の地ビール  こぶし花ビール公式サイトへようこそ。

彩の国・埼玉県の北部、利根川沿いのまち羽生市。
このまちの郊外、さいたま水族館のとなりに造られた
広さ3.6ヘクタールの 「農林公園キヤッセ羽生」。

緑の丘と水辺が配されたこの公園の中に、
地ビール工房「羽生ブルワリー」があります。

ビールは、大地の恵み「麦」から造られた「麦の酒」。
そんな「麦の酒」らしさにこだわった麦芽100%、
丹精込めた手造りの地ビールを、
クラフトビール愛好家の皆様にお届けしています。

Top Pageバーをクリックすると、ただ今ご覧ののページに戻ります。

農林公園キヤッセ羽生  さいたま水族館 製  品  会社案内 当社へのご連絡はこちら
(メールフォーム)
業務用卸売の詳細・お問い合わせはこちらから 

 こぶし花ビール出展のお知らせ
名古屋で開催のJAPAN CRAFT BEER GARDENで こぶし花ビールが飲めます。
出品のビール:ピルスナー/ベルギーホワイト

【JAPAN CRAFT BEER GARDEN】
場所 :ラシック1F(名古屋市栄 LACHIC 1F「ラシックパサージュ」)
期間:7/28(木)〜8/22(金)まで
時間:11:00〜21:00 (LO20:45)


詳しくは
https://www.facebook.com/japancraftbeergarden をご覧ください。

 【アジア・ビアカップ入賞のお知らせ】

アジア・ビアカップ2016当社入賞ビールは下記の銘柄です。

ライトエール部門
 金賞 こぶし花ビール・IPA

ベルジャンビール部門
 金賞 ベルギーホワイト

フレーバービール部門
 銅賞 黒の憩

以上

皆さまのご愛飲に深く感謝申し上げます。
 

 インターナショナル・ビアカップ2015 審査結果のお知らせ

2015年9月22日発表・インターナショナル・ビアカップ2015 ・ こぶし花ビールの入賞ビールは下記の通りです。

ベルジャンスタイル・ヴィット/銀賞: こぶし花ビール・ベルギーホワイト

ベルジャンスタイル・トリペル/銀賞: こぶし花ビール・グランクリュ

皆さまのご愛飲に心より御礼申し上げます。

製品ラインナップ 
   大陸をゆく、大陸を味わう/本格派欧風トラディショナル・ラガー(下面発酵) 

  低温で時間をかけて、じっくりと発酵・熟成させるラガービールは、長い歴史を経て、爽快で清涼感あふれる淡色ラガーへと進化しました。

  一方、穏やかな香味はそのままに、コク深く、豊かな味わいへと進化を遂げたラガービールがあります。チェコ・ドイツなど、ヨーロッパ内陸部で旧くから造られてきた、オールモルトのラガービールです。

  クラフトビール黎明期の頃のこと、エールほどに特徴を出しづらいラガービールは、「面白くないビール」、とされたこともありました。しかし、欧州の風土の中で、絶妙に調律され磨き抜かれたラガービールは、むしろ機微に富み、奥の深い「面白い」ビールと言えるのかもしれません。

  こぶし花ビールの「ラガー・シリーズ」は、そんな欧州の伝統的なラガービールをモチーフに、日本の風土と食文化を意識して造られた本格派ラガービールです。

  淡色ラガービール発祥の国チェコの「ボヘミア・ピルスナー(ピルスナー)」、それ以前の「ミュンヘン・オールドラガー(メルツェン)」、そして、ドイツ家庭醸造にまで歴史を遡る「ボックビール(マイボック)」の三種をラインナップ。清涼系とは異なる進化を遂げたラガービールの今を、存分にご堪能いただけます。

    
         
豊かな麦の味わい

本格派 欧風
ラガービール
 
 銘柄名 ピルスナー  メルツェン マイボック  
ビアスタイル ボヘミアスタイル
ピルスナー 
ジャーマンスタイル
メルツェン
ジャーマンスタイル
ヘレス/マイボック
 
発祥の国 チェコ ドイツ ドイツ  
最近の受賞歴 JABC2010 金賞受賞 IBC2007 金賞受賞 IBC2014 銀賞受賞  
アルコール分( IBU ) 5 % (25) 6 % (20) 7 % (27)   
Comment  日本の、そして世界の淡色ラガービールの基本形。麦芽の酒・ビールの原点を味わうなら 苦味おだやかなミュンヘン発祥ラガービール。麦芽の持つ豊かな味わい、レトロな色を楽しむなら 味わい豊潤。これまでにない充実の飲み応え。 普通のラガービールでは満足できない方へ  
出荷時期 通年生産 通年生産  樽生:通年生産
びん:秋~春
 

      「主張」から「ハーモニー」へ/リッチ&マイルドな個性派エール(上面発酵)

 エールの醍醐味は、なんと言っても多彩な味わいを楽しめることです。モルトのうまみ、ホップの香り、イーストのエステル香などが渾然となって、それぞれのビールのふるさとへ私たちを誘います。

 クラフトビールが勃興して、それまで一般的だったラガータイプにない特徴のビールが数多く登場しました。その種類は、エールに分類されるだけでも49スタイル(2016年現在)。その他上面発酵タイプも含めると、さらに多くのエールが、ファンを楽しませてくれます。

 そんな中にあって、こぶし花ビールの「エール・シリーズ」は、リッチ&マイルドな味わいを指向。刺激的ではないかもしれませんが、説明的でなく、飲み疲れしない、複雑かつ調和のとれた味わいのエール・ビールを目指しています。

 エールの本場・イギリスの「IPA(インディア・ペール・エール)」、多種多様なビールで有名なベルギーの小麦ビール「ベルギーホワイト」、アイルランドのフォーリン・エクストラ・スタウトをベースに、コーヒーがほのかに香る「黒の憩
(くろのいこい)」、そして、ベルギー・アビィスタイル(トリペル)の「グランクリュ」と、多彩なエール(上面発酵ビール)を取りそろえています。
   
         
リッチ&マイルド

個性派揃いの
エール・ビール
銘柄名 IPA 黒の憩 ベルギーホワイト グランクリュ
ビアスタイル イングリッシュスタイル
インディアペールエール
フォーリンスタウトベースのコーヒースタウト ベルジャンスタイル
ヴィットビール
 
ベルジャンスタイル
トリペル(アビィ)
発祥の国 イギリス アイルランド(ベース) ベルギー ベルギー
最近の受賞歴 ABC2016 金賞受賞 ABC2016 銅賞受賞 ABC2016 金賞受賞 IBC2008 金賞受賞
アルコール分( IBU ) 6.5 % (40) 6 % (40) 5.5 % (18) 8 % (30)
Comment 苦味抑えめの英国風IPA。ゴールディングスホップの香るリッチなプレミアムエール  フォーリン・エクストラ・スタウトをベースに、ほんの少しコーヒーを加えた憩いの黒ビール  オレンジとスパイスの香るベルギー伝統の味。香り付けのスパイスを除けば後は麦芽100%の本格派 青リンゴにも似た香りの重厚かつ芳醇な麦酒。 製造熟成に半年以上かけた味には古酒の趣も
出荷時期 通年生産  樽のみ出荷中 通年生産 例年4月29日より
1ロット限定
 業務用卸売の詳細・お問い合わせはこちらから
 【 IBU 】は、国際的な苦味の尺度です。
【受賞歴】 IBC:インターナショナル・ビアコンペティション(ビアカップ)/
JABC:ジャパン・アジア・ビアカップ / ABC: アジア・ビアカップ

こぶし花ビールは、びん製品取り扱い酒販店のほか、

各地のビアパブ・ビアバル・ビアカフェなど、クラフトビール専門店に数多く出荷されています。

どこかのお店で出会ったら、どうぞ「こぶし花ビール」を味わってみてください。

 こぶし花ビールの「黒の憩」について(おしらせ・PR)
 「黒の憩(くろのいこい)は、こぶし花ビール・羽生ブルワリー製造の黒ビール(税法上は発泡酒)です。
 **********************************************************
 語らいの友として、ゆっくりとお召し上がりいただける「憩いのスタウト」であること、
そして、飲み応え重視の「しっかりとしたスタウト」でもある。
そんな“リッチ & マイルド”な黒ビール、それが「黒の憩(
くろのいこい)」です。

こぶし花ビールが造る“黒の憩”は、アルコール分6%以上。
アイルランドの輸出向け「フォーリン・エクストラ・スタウト」をベースに
微量のコーヒーを加えた飲み応えの“黒”です。

甘みの少ないドライ・スタウトの系譜を引き継ぎながらも、エキス分・アルコール分を重厚なものとし、
一方で、苦味や口当たりを、くつろぎのときにふさわしいソフトでマイルドなテイストに仕上げました。
せわしない日常の中でほんのひとときホッとできる、そんなひと品を、ぜひお試しください。

原料:麦芽・ホップ・レギュラーコーヒー(挽き割り)/容器:樽のみ

ただ今ゲストビールとして 、
こぶし花ビールお取り扱いのビアバル・ビアパブなど料飲店様へ出荷中です。

どこかのお店で出会ったら、どうぞ「黒の憩」を味わってみてください。


*
アジア・ビアカップ2016 フレーバービール部門で銅賞を受賞いたしました。
 

 お知らせ

平素はこぶし花ビールをご愛飲いただき誠にありがとうございます。

ただ今、インターネット・ウェブサイト(当サイト)を通じた通信販売(小売直売)を休止させて頂いております。

(農林公園キヤッセ羽生及び、園内物産館むじなも市場・手打ちうどんむじな庵など園内施設は通常営業いたしております)

誠に恐れ入りますが、下記小売店様でお求めいただきますようお願い申し上げます。


こぶし花ビールのお求めは

羽生市農林公園キヤッセ羽生物産館「むじなも市場(Tel 048-565-5435)」のほか、

イオン羽生店お酒売り場様(羽生市)・
行田力松酒店様(羽生市)・道の駅はにゅう様(羽生市)・
目白田中屋様(東京都豊島区)・リカーショップよしだ様(富山市)・
リカーズハセガワ北口店様(東京・八重洲)
ほか各店様でお求めいただけます。(びん製品・50音順)

農林公園キヤッセ羽生・羽生ブルワリー

 

彩の国地ビール  こぶし花ビールのご案内

手造りの地ビール 「クラフトビール」
小さな工房の中で手工芸的に造られる地ビールのことを、欧米の国々では「クラフトビール」と呼びます。
このことばには、ただ小さいだけではなく、ローカルなビールというだけでもない、という思いが込められ、
各国各地では、さまざまな個性の、品質の高いビールが生み出されています。

 地ビールは 「プレミアム・クラフトビール」 へ
ビールは何の酒? 
いうまでもなく、ビールは麦芽を主原料に造られた、喉ごし爽快なアルコール飲料です。
でも、それだけでしょうか。

麦芽の持つ豊かさ、ふくよかで複雑な味わいが感じられるビール、
飲む人に麦酒(むぎざけ)としての深い満足を感じていただけるビール・・・
そんなビール職人こだわりの味、スローな味わいと風合いを持つ、
特別あつらえの地ビール、「プレミアム・クラフトビール」を、是非一度お試しください。


 こぶし花ビール 製法のこだわり
○ 原料は麦芽100%
(ホップ・水・ビール酵母を除く原料に占める麦芽の比率)。でんぷんや糖類などの副原料は使いません。
○ 原料麦芽を粗挽きにして、うまみ豊かな麦汁
(ビールの素)を造り、発酵、低温でゆっくりと熟成させます。
タンクの中そのままの美味しさを味わっていただくため、ろ過や熱処理はしません。
○ 美味しさのための低温貯蔵・低温輸送。瓶詰め後も低温貯蔵(0~1℃)。冷蔵(クール)便でお届けいたします。
    お届け後すぐ、お持ち帰りの場合は当日中に、冷蔵庫へ入れて保管していただけますようお願いいいたします。
*
ビールの場合、保管温度が高いほど香味の劣化が早まります。(ろ過や熱処理をしてあっても香味の劣化は進行します。)

 こぶし花ビール 名前の由来
埼玉県北部、利根川沿いのまち「羽生市」。水郷地帯に造られた公園「農林公園キヤッセ羽生」が、彩の国地ビール・こぶし花ビールのふるさとです。この公園のシンボル「四季の丘」に立つ1本の「こぶしの木」が、こぶし花ビールの名前の由来となっています。  
(* 「彩の国(さいのくに)」は埼玉県の愛称です。)


 空きビンのリサイクルについて・お願い
 こぶし花ビールのビンは1回のみ使用の「ワンウェイビン」です。強度上、反復利用はできません。
 空きビンの投げ捨てはおやめください。飲み終わった空きビンは、茶ビンのリサイクル、または各自治体により定められた方法でお出しください。
 ビンリサイクルへのご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

ラベル収集家の方へお願い

当社では、ラベル・コースター等グッズ類の送付はいたしておりません。

切手等ご送付いただいた場合でも対応いたしかねます。
悪しからずご了承の程、お願い申し上げます。
 Information to a label collector:
The sending of the goods and the like such as the label coasters is not doing in our company.

 ブルーマスター(地ビール醸造責任者)のご紹介
こぶし花ビール ブルーマスター(専属) : 市岡 慎司  (長野県飯田市出身)
1996年 9月~1999年12月 いいだビール(長野県飯田市)工場長
1997年10月 インターナショナルビールサミット’97大阪 ・いいだビール「ボック」金賞受賞
1999年 7月 ジャパンビアカップ’99東京 ・いいだビール「ボック」金賞受賞
2000年 6月 ワールドビアカップ’2000ニューヨーク ・いいだビール「ボック(1999年9月3日仕込み分)」銅賞受賞  ほか
2001年 3月より現職
こぶし花ビールのあゆみはこちら

このページの上に戻る


株式会社 羽生の里 羽生ブルワリー
〒348-0011 埼玉県羽生市大字三田ヶ谷1725番地
羽生市農林公園キヤッセ羽生 園内
Tel 048-565-5267

 (ご商談は、水曜日~日曜日に承ります)

こぶし花ビール製造元  (株)羽生の里 羽生ブルワリー 公式ウェブサイト
〒348-0011 埼玉県羽生市大字三田ヶ谷 1725
電話 048-565-5267
営業・勧誘等のメール・Faxは堅くお断り申し上げます。

2016年6月5日 更新