Top Page こぶし花ビールの概要  これまでのあゆみ  通信販売  メールフォーム 
 
 毎日の食卓にちょっと変化を。
パーティやおもてなしのアイテムとして。
お世話になったあの方への贈り物に。

リッチなテイストの欧風プレミアムビール
「こぶし花ビール」は、
食卓を豊かに演出いたします。
 
 Web Shop
こぶし花ビールの製品ラインナップをご紹介いたします。
 
 
こぶし花ビール・製品ラインナップ (小売価格はオープンです)

 * IBU : インターナショナル・ビターネス・ユニット=苦味の国際単位。
一般に値の大きい方が苦味が強くなりますが、エキス分とのバランスにより印象が変わる場合もあります。
(製造ロット・ビール設計の変更等により、値は変動する場合があります)
 
ピルスナー  ビアスタイル : ボヘミアスタイル・ピルスナー (330mlびん)
◎ ジャパン・アジア・ビアカップ 2010 金賞受賞
◎ インターナショナル・ビアコンペティション  ボヘミアスタイル・ピルスナー部門  2002・2008・2009年 金賞受賞
発祥の地  : チェコ・ボヘミア地方 ・ 下面発酵ビール
アルコール分 : 5% ・ IBU : 25
苦味 ☆☆☆ ・ コク ☆☆☆

黄金色ラガービール発祥の地、チェコ・ボヘミア地方。中でも味わい豊かな南ボヘミアのゴールデンラガーを忠実に再現しました。和食も含め様々な料理とよく合います。麦芽100%の豊かな味わい、ホップのクリーンな香味をお楽しみください。

古くからビールは強く煎った色の濃い麦芽を使ってきました。特に水の硬いヨーロッパでは、アルカリの強い水から作られた麦汁を、発酵に適したpHまで酸性化するためには、濃色麦芽が最適だったといわれます。そんな中、麦芽を焦がさない技術革新と、硬度の低いチェコ・ボヘミアの水(軟水)が出会い、淡い色のビールが造られるようになったとされます。
こうして造られるようになった黄金色に輝くビールは、チェコの街「ピルゼン(プルゼニュ)」にちなみ、「ピルスナービール」と呼ばれるようになりました。このタイプのビールは、今日では世界のビール生産量のおよそ9割を占める、「ラガービール」の源流となっています。

 ベルギー・ホワイト  ビアスタイル : ベルジャンスタイル・ホワイト/ウィートビール (330mlびん)
◎ ジャパン・グレートビア・アワード 2019・2020 金賞受賞
◎ アジア・ビアカップ2016・2017 ベルジャン・ビール部門
金賞受賞
◎ インターナショナル・ビアコンペティション  ベルジャンスタイル・ウィート/ホワイト部門 2008・2009年度
金賞受賞
発祥の地  : ベルギー ・ 上面発酵ビール(発泡酒)
アルコール分 : 5.5% ・ IBU : 18
苦味 ☆☆ ・ コク ☆☆☆

コリアンダーとオレンジの果皮で香り付けしたベルギーの代表的な小麦ビールです。ナチュラルチーズ、ハーブやスパイスを用いた香味豊かな料理に最適。肉料理にもよく合います。白くかすんだ酵母入りビールは、おだやかな休日のブランチにもおすすめです。

ホワイトビールは、ランビックやトラピストビールなど、多様なビールで世界的に有名なベルギーの小麦ビールです。小麦ビールではドイツのヴァイツェンが有名ですが、ベルギーのホワイトビール(小麦ビール)は、オレンジの果皮とコリアンダー(スパイス)を使って香り付けをしています。以前はこれらの副原料が使われるとビールとは呼べず、表示では「発泡酒」でしたが、主な原料では麦芽100%、現在では立派な「ビール」です。
また、凝集しにくいビール酵母が使われるため、ビール自体が白くかすんでいるのも特徴で、これはできたての頃に特に顕著です。本場ベルギーでは、上澄みの部分とビール酵母がたくさん残っている底の部分とを、分けて味わうこともあるといいます。

* ヴァイツェン、ホワイト/ウィートビールなどは大麦麦芽と小麦(麦芽)をブレンドして使います。ベルギーの小麦ビールでは製麦しない小麦を使いますが、こぶし花ビールでは製麦した小麦麦芽を使用しています。
 
 ゴールデンラガー/マイボック ビアスタイル : ジャーマンスタイル・ヘレスボック/マイボック (330mlびん) 
◎ ジャパン・グレートビア・アワード 2019 銀賞受賞
◎ インターナショナル・ビアカップ
  ジャーマンスタイル・マイボック/ペールボック部門 2014年銀賞受賞 
発祥の地  : ドイツ ・ 下面発酵ビール
アルコール分 : 7% ・ IBU : 27
苦味 ☆☆☆ ・ コク ☆☆☆☆

  マイボックの「マイ」は5月、「ボック」はドイツのラガービールの一種で、ドイツ北部の都市アインベック発祥の、エキス分・アルコール分ともに強いプレミアムビールの総称です。ボックの由来は、アインベックの「ベック」がミュンヘン風に訛って、「ボック」と呼ばれるようになったと伝えられています。黒ビールであることが多い中、マイボックは明るい色をした、アルコール分7%前後のリッチなテイストのビールです。(「ゴールデンラガー」は、びん製品の商品名です)

   「マイ(5月)」の由来は、昔、アインベックでは各家庭でビール造りをしており、そのための大釜を地域で共同所有し、仕込みの時は順番に各家に大釜を運んでビールの仕込みをしていました。この釜を翌シーズンに借りる順番を決めるのが、仕込みシーズンも終わり、春祭りとも重なる5月だったことから、いつの頃からか、明るい色のボックビールのことを「マイボック」と呼ぶようになったとされます。ビールの持つ明るい色が、春の陽光のイメージと重なって名前に定着したのかもしれません。
こぶし花ビール・マイボックは、アルコール分7%、粗挽きの麦芽をたっぷり使い、オリジナルのドイツ・マイボックビールよりも、ほんの少しホップの香りを意識して造ります。色はやや濃い目の黄金色で苦味穏やか。オールモルトビールのリッチなコクと、ドイツラガータイプならではの穏やかな香味。7%アルコールと溶け合う濃密な飲み応えのビールです。
 
 写真はイメージ(色見本)です。
記載内容の無断転載は堅くお断りいたします。
各賞受賞の詳細はこちら をご参照ください。
 
こぶし花ビール こぶし花ビール製造元/彩の国・羽生ブルワリー公式サイト
〒348-0011 埼玉県羽生市大字三田ヶ谷 1725
Tel 048-565-5267
火曜・水曜定休/土日営業


営業・勧誘等のメール・Faxは堅くお断りいたします。
Since 2001